ブログ

2021.07.06

【最新】新型コロナワクチンを当院で接種できます。現在、ワクチンの流通が極端に減ったため、新規の受付は中止しております。2回目接種予約など、詳しくはこちらをクリック▶︎

新型コロナワクチンの予約についてご案内します。

7/6現在、川崎市からのワクチン供給が極端に少なくなってしまったため、新規の受付を中止しています。なお、2回目予約がまだの方は、1回目で来院したときに、クリニックにて予約をお取りしますので、どうぞご安心ください。

ワクチンの在庫によって、2回目の予約が3週間以上(4〜5週間)開く方がいるかもしれませんが、国の指導では、効果に問題はないとのことです。どうかご了承ください。

今後、ワクチンの供給が今まで通り再開すれば、新規のワクチン受付を開始する予定です。

 

【注意事項】

当院ではファイザーのワクチンを使用しています。3週間以上開けて、2回目の接種が必要です。

 

 

予約再開後の予約方法は、以下の通りです。

 

【対象者】

①かかりつけか否かを問わず、60歳以上の接種券をお持ちの方の予約が可能です。接種券にのっている番号を入力し、予約に進んでください。

②59歳以下で基礎疾患をお持ちの方の予約も可能です。

まずご自身で、川崎市のホームページ(新型コロナ関連情報の項目)から、基礎疾患申請をしてください。その後、予約サイトに入れるようになります。なお、川崎市以外(東京都や横浜市など)にお住まいの当院かかりつけの方は、ワクチンコールセンター0120654478に電話して、川崎市の医療機関にかかりつけであることを申告し、承認手続きをとると、基礎疾患申請ができるようになります。そして、川崎市のログインができるようになり、川崎市会場(梶ヶ谷クリニック)の予約をとることができます

基礎疾患のない方は以下の日程で予約ができるようになります。

50-59歳 7/17-

40-49歳 7/24-

12-39歳 7/31-

 

接種当日受付にお持ちいただくものは、ワクチン接種券、予診票、保険証です。忘れると接種ができませんのでご注意ください。

 

事前WEB問診TEL:044-877-0608胃・大腸カメラよくある質問
内視鏡検査 24時間WEB予約
一番上に戻る
大腸内視鏡検査で大腸がん予防
日曜日の小児科専門外来小児科専門医による優しい診療
肛門・お尻のお悩み解決NAVI日本大腸肛門病学会専門医による肛門診療
定期的な胃カメラ検査で胃がんの予防・早期発見
日本大腸肛門病学会専門医による肛門周囲膿瘍の診療・検査
医院blog 梶ヶ谷Jビル 川崎ドクターズ 川崎ドクターズ

ドクターズファイル ドクターズファイル ドクターズファイル ドクターズファイル

ドクターズファイル ドクターズファイル