吐き気・嘔吐の原因と治療法

吐き気や嘔吐でお悩みの方へ

胃アニスキス症吐き気は悪心(おしん)ともよばれ、みぞおちから胸にかけての不快感や嘔吐をもよおす症状です。吐き気には吐き気を感じる中枢が刺激されて起こるものと、消化器などの臓器からの刺激で起こるものがあります。その他、妊娠によるつわりや薬の副作用により吐き気が起こることがあります。 胃や腸の内容物に異物や毒性があり、嘔吐する場合と急性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腸閉塞症(イレウス)、片頭痛、メニエール病、脳腫瘍といった病気が原因となって嘔吐する場合があります。吐き気や嘔吐の症状を改善するには、何が原因で起こっているのかを突き止めることが重要です。

吐き気の原因とは

日常生活における吐き気の原因

日常生活において吐き気をもよおす原因は食べすぎや飲みすぎ、ストレス、乗り物酔い、食中毒、食あたり、薬の副作用、妊娠中のつわりなどが主な原因となります。

吐き気の症状がある主な病気

  • 胃炎(急性、慢性)
  • 潰瘍(胃、十二指腸)
  • 胃がん
  • 虫垂炎(盲腸炎)
  • 腹膜炎
  • 逆流性食道炎
  • 腸閉塞症(イレウス)
  • すい炎(急性、慢性)
  • 胆石症
  • メニエール病
  • 自律神経失調症
  • 脳出血
  • 緑内障
  • 胆のう炎
  • 突発性難聴
  • くも膜下出血
  • 脳腫瘍

嘔吐の原因とは

日常生活における嘔吐の原因

日常生活において吐き気を引き起こす原因は食べ過ぎや飲み過ぎ、ストレス、乗り物酔い、薬の副作用、妊娠中のつわり、異物がのどに詰まるなどが主な原因となります。

嘔吐の症状がある主な病気

  • 急性胃炎
  • 潰瘍(胃、十二指腸)
  • 急性腹膜炎
  • 虫垂炎(盲腸炎)
  • 腸閉塞症(イレウス)
  • すい炎(急性)
  • 片頭痛
  • メニエール病
  • くも膜下出血
  • 脳腫瘍
  • 脳出血

吐き気や嘔吐の検査方法

腸カメラについてあらゆる病気などが原因となって吐き気や嘔吐の症状が現れます。他に胃痛や胸痛などの症状がないかどうか、既往歴や普段飲んでいるお薬や食べた食事内容などを詳しく問診でお伺いしていきます。
病気の疑いがある場合には必要に応じて胃内視鏡検査などを行い病気を特定していきます。
当院は日本内視鏡学会専門医の資格を持つ医師が安全に胃内視鏡検査を行っています。

 

吐き気や嘔吐の治療

検査にて吐き気や嘔吐の原因を突き止めて、その原因に対して適切な治療を行っていきます。消化器疾患に関する治療は当クリニックで対応可能ですが脳や耳の病気が原因の場合には専門の医療機関をご紹介しております。

吐き気や嘔吐のよくあるご質問

Q 吐き気や嘔吐の原因は何ですか?

A 吐き気や嘔吐の主な原因は食べ過ぎや飲み過ぎ、乗り物酔い、ストレスといった日常生活で起こっている場合もありますが、急性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍といった消化器の病気や脳出血、脳腫瘍など脳の病気、難聴やメニエール病など耳の病気から症状が出ている場合があります。

Q 吐き気や嘔吐を予防する方法はありますか?

A 普段の生活で暴飲暴食、刺激の強い香辛料や脂っこい食事を控えることで吐き気や嘔吐の予防に効果があります。

Q 薬を飲んでも吐き気や嘔吐がおさまりません

A お薬を飲んでも症状がおさまらない場合は、医療機関を受診しましょう。吐き気や嘔吐の症状がある病気は様々です。胃や十二指腸などの消化器からくるものもあれば、脳や耳の病気からくる場合もあり、正確に原因を突き止めて適切な治療を行う必要があります。

Q 吐き気や嘔吐が続く場合は、病院に行ったほうがいいの?

A 吐き気や嘔吐の症状がある病気は様々です。医療機関で検査を行い適切な治療を受けることが大切です。嘔吐が長く続くと、栄養素が全身に行き届かなくなり体重減少や栄養の低下が起こり誤嚥性肺炎を引き起こす場合もあるので注意が必要です。

 

TEL:044-877-0608胃・大腸カメラよくある質問 事前WEB問診
一番上に戻る
大腸内視鏡検査で大腸がん予防
医院blog 梶ヶ谷Jビル 口コミを見る 口コミを書く