過敏性腸症候群の原因と治療法

過敏性腸症候群とは

大腸に疾患や病変が特にないにもかかわらず、腹痛や下痢・便秘といった症状が慢性的におこる病気です。排便後に症状は治まるのが過敏性腸症候群の特徴です。
原因は、ストレスや緊張、腸内細菌叢の変化などが関わっているとされていますがはっきりとした理由は明確に分かっていません。過敏性腸症候群は、命にかかわるような重篤な疾患というわけではありませんが、患者様の生活の質(QOL)を著しく低下させてしまいます。お薬の服用で症状は改善されるので、症状でお困りの方はまずはお気軽にご相談にいらしてください。

過敏性腸症候群の症状

以下の症状に当てはまる方は、過敏性腸症候群の可能性があるので専門のクリニックで検査を受けることをお勧めします。

  • 下痢もしくは便秘が長期間続く
  • 慢性的な腹痛が起こるが排便後にはおさまる
  • 下痢と便秘を交互に繰り返す
  • おならがよく出る
  • お腹が張っている、おなかがよく鳴る
  • 睡眠時にはこれらの症状が現れない

過敏性腸症候群の分類

過敏性腸症候群は症状によって大きく3つに分類されます。

下痢型

水っぽい便(水様便)や激しい腹痛が、1日に何度も繰り返し起こる。腹痛や下痢が頻回なため、外出などがストレスに感じる。

便秘型

排便時に強くいきまないと出なくて、コロコロとした小さな便しか出ない。排便後も残便感が残る。

交代型

便秘と下痢を交互に繰り返す。

過敏性腸症候群の原因とは

発症する原因ははっきりとわかってはいませんが、ストレスや緊張、腸内の細菌叢の変化などが過敏性腸症候群とかかわりがあるとされています。最近では、粘膜の炎症や遺伝なども深く関わりがあるといわれています。様々な要因で過敏性腸症候群を発症するので、治療にはお薬の服用とともに生活習慣の見直しも必要です。

過敏性腸症候群の診断

定期的な検査が早期発見の鍵問診で詳しく症状をお伺いしたうえで過敏性腸症候群の症状と似ている大腸がんなどの病気と区別するために必要な検査を行い確定診断をします。血液検査、尿検査、便潜血検査、大腸内視鏡検査などの検査を用いて診断を行っていきます。その中でも大腸内視鏡検査は、大腸の粘膜を直接観察することができる確定診断に有効な検査です。大腸内視鏡検査で炎症や潰瘍などの病変がないかを確認したうえで過敏性腸症候群の確定診断が可能となります。

診断のポイント

過敏性腸症候群は症状があるにもかかわらず、病変などの異常がないことが特徴です。症状だけでは他の大腸疾患と見極めが難しく問診だけで病気の特定は困難です。そのため血液検査や便潜血検査、便培養検査で細菌やウイルスの感染の有無やがん、炎症や潰瘍などが無いかどうかを確認していきます。より精密な検査が必要な方には大腸内視鏡検査やX線検査などを用いて確定診断を行っていきます。

大腸がんの疑いのある方は大腸内視鏡検査が必要です

  • 発熱が続く
  • 50歳を過ぎてから症状が現れた
  • 3㎏異常の体重減少がある
  • 直腸からの出血(血便)がある

治療方法

生活習慣の見直し

問診にて十分な睡眠がとれているか、過度なストレスがかかっていなか、食生活についても詳しくお伺いしていきます。飲酒や香辛料による刺激は、症状を悪化させる恐れがあるので治療の際に接種を控える必要があります。過敏性腸症候群を発症された方は、治療後も睡眠不足の解消やストレスの軽減などの生活習慣の見直しを行うことで再発のリスクを抑えることができます。当院では生活習慣改善のためのアドバイスも併せて行っていきます。

薬物療法

腸の働きを調整してくれるお薬や便の方さを調整してくれるお薬、腸内細菌の乱れを整えるお薬など症状に合わせて適切なお薬の処方を行っています。 最初に2週間程度のお薬の処方を行い、お薬が患者様にとって最適なものかどうか効果を確認していきます。また、ライフスタイルに合わせて、お忙しい方には1日一回の処方など患者様にとって最適と思えるお薬の処方を行っています。

悪化防止や再発を防ぐために

食生活を見直しましょう

過敏性腸症候群の症状悪化や再発防止のためには食生活の見直しが大切です。きちんと1日3食なるべく決められた時間で摂るようにしていきましょう。食物繊維を多く含む食品を積極的に摂取したり、アルコールなどの飲酒は控えることで症状の悪化や再発を防ぐことが可能です。

十分な睡眠

睡眠不足だと症状を悪化させたり、せっかく治療しても再発してしまう可能性があります。理想とされる睡眠時間は8時間といわれていますが、お忙しい方でも6時間程度は睡眠をとるようにしましょう。

事前WEB問診TEL:044-877-0608胃・大腸カメラよくある質問
内視鏡検査 24時間WEB予約 LINE 友達追加で簡単予約
一番上に戻る
大腸内視鏡検査で大腸がん予防
日曜日の小児科専門外来小児科専門医による優しい診療
肛門・お尻のお悩み解決NAVI日本大腸肛門病学会専門医による肛門診療
定期的な胃カメラ検査で胃がんの予防・早期発見
日本大腸肛門病学会専門医による肛門周囲膿瘍の診療・検査
潰瘍性大腸炎の検査・治療なら 潰瘍性大腸炎NAVI
魚介類を食べた後の激しい腹痛・胃痛症状に アニサキス治療NAVI
腹痛・下痢・血便にお悩みの方へ 虚血大腸炎の検査・治療NAVI
腹痛・胃痛などの「おなかの症状」にお悩みの方へ
病院なびドクタビュー
医院blog 梶ヶ谷Jビル 川崎ドクターズ 川崎ドクターズ

ドクターズファイル ドクターズファイル ドクターズファイル ドクターズファイル

ドクターズファイル ドクターズファイル


おしりの守護神(梶ヶ谷クリニック)は川崎フロンターレを応援しています。


梶ヶ谷クリニックは川崎ブレイブサンダースを応援しています。


一般社団法人日本知的障がい者卓球連盟

梶ヶ谷クリニックは一般社団法人日本知的障がい者卓球連盟を応援しています。


かわさきFM