CT検査

最先端のCTを導入

最新鋭AIを搭載した全身用64列マルチスライスCT装置

当院は、富士フイルムヘルスケア社製の64列マルチスライスCT装置「Supria Optica」を導入しています。最新のAI技術を活用した画像処理とワークフローでより精度の高い診断をサポートできる64列128スライスCTです。
従来のCTと比較して、短時間での撮影が可能なため、息止め時間も短縮できます。結果的に、患者様の負担が軽減されています。また、AIを活用した最新技術を活用しているため、通常よりもX線被ばくを抑えつつ高画質画像で情報を取得することが可能です。

当院のCT検査の特徴

当院のCTの特徴は以下の通りです。

  • 短時間で撮影が終了する
  • 被ばく量を抑えた体にやさしいCT検査
  • 高精細画像で情報を確認できる
  • 圧迫感を覚えにくい快適なCT検査

短時間で撮影が終了する

一度に64断面を撮影するマルチスライス検出器が搭載されているため、広範囲を短時間で撮影できます。胸部が4~5秒、胸腹部が7~8秒です。高速に撮影が出来るため、従来のCTと比較して、検査の際の息止め時間が短くなりました。(従来のCTは、10秒~15秒の息止めが必要でしたが、当院のCTは、4秒~6秒に短縮されています。)

被ばく量を抑えた体にやさしいCT検査

AIを活用した最新の画像処理技術を搭載しており、X線の被ばくを83%抑えた身体にやさしい検査が可能です。

 

高精細画像で情報を確認できる

小スライス厚0.625mmの高精細な画像で情報を確認できます。また、3次元立体画像表示により、複雑な血管走行や病変構造の観察が詳細に行えます。従来のCTでは難しかった微小な病変を確認でき、病変の早期発見に有用です。

圧迫感を覚えにくい快適なCT検査

被検者様が通る開口径は750mmと大きく設計されています。そのため、圧迫感が少なく、安心して検査を受けて頂くことができます。

CT検査について

身体の輪切りの検査

CT検査は、レントゲンを私たちの身体に当てて、通過したレントゲンの強さを検出器で集め、そのデータを基にコンピューターで計算・分析をすることで多様な画像を生成する検査です。 全身の撮影ができますが、中でも脳、心臓・気管支・大動脈・肺などの胸部、腎臓・肝臓・膵臓・大腸などの腹部の病変を的確に画像に映し出すことが可能です。 CT検査をシンプルに表現すると、「身体の輪切りの検査」です。私たちが健診などで馴染み深いレントゲン検査は、言うなれば「レントゲンが身体を通過した影絵を画像にしたもの」であり、病変の診断が難しいなどのデメリットがあります。その一方で、CT検査は輪切りにすることで、mm単位で身体の状態を的確に映し出すことが可能です。 影絵を映す胸部レントゲン検査では、見つかった病変ががんなのか、あるいは血管や骨などが偶然病変のように映っているのか、区別することが難しいです。そのため、追加でCT検査を実施して、輪切りのmm単位で状態を確認し、確定診断を下します。

腹部の疾患胆のう・膵臓・肝臓・腎臓のがん、大腸憩室炎、盲腸(虫垂炎)、腹部大動脈解離、腹部大動脈瘤など
胸部の疾患肺炎、肺結核、肺がん、気胸、胸部大動脈解離、胸部大動脈瘤、リンパ節の腫れなど
脳の疾患

脳出血、脳梗塞、くも膜下出血の一部

CT検査(造影剤というお薬を使わない検査)の費用の目安

1割負担4,500円
2割負担3,000円
3割負担

1,500円

※検査する部位に応じて費用は変わるため、参考程度にお考え下さい。

検査の進め方

STEP.1

検査の準備のために、衣服やアクセサリーなどの貴金属類を外してください。検査着は当院で準備することもできます。

STEP.2

医師の指示をお守り頂き、CT検査機器のベッドに仰向けで寝てください。

STEP.3

医師が撮影位置を確定するためのテスト撮影を実施します(5秒程度)

STEP.3

CT検査を実施します。(10〜20秒程度)。この時、画像がぶれないようにするため、息を止めて頂く場合があります。(アナウンスに従ってください。)

STEP.4

検査中に違和感がある場合、すぐに医師までお伝えください。

STEP.5

検査は終了です。 お着替えをして頂き、まずは簡易的に結果をお話しします。数日後に、放射線科専門医による詳細結果をお伝えします。

CT検査で守って頂きたいこと

CT検査ではX線を使うため、撮影箇所に付けている貴金属は予め外して頂き、検査着にお着替えをお願いいたします。 ※貴金属によってアーチファクトが生じ、鮮明な画像が映らない恐れがあります。 また、腹部を検査する際は、検査前の食事制限をお願いすることもあります。 以下のものはできるだけ外した状態でお越しください。
  • 金属性のベルト、金属の入った下着(ブラジャー)、ファスナー付きの衣類(プラスチック製のものはokです)
  • 指輪、ピアス、ネックレス、ヘアピンなどの貴金属類
  • カイロ、湿布、エレキバン

CT検査はX線を使うため以下の方には検査を実施できません

  • 妊娠中あるいは妊娠の可能性がある方 

また、鮮明な画像を映し出せない恐れがあるため、以下の方も検査ができないことがあります。

  • 1週間以内に、バリウムを使った検査を受けている方(腸内にバリウムが残っていると、CT画像が鮮明に映らない恐れがあります)
  • 検査中に数秒間静止できない方

検査結果

当院で行ったCTの結果は、まず当日担当医から簡易的に結果をお伝えします。後日、放射線科専門医による結果を書面でお渡ししてご説明します。胸のCTを撮ったところお腹の上部が同時に映り、お腹の方で異常を発見するといったケースもありますので、必ず放射線科医師の結果を最終的にお伝えするようにしています。

24時間WEB予約 事前WEB問診
求人募集 よくある質問 LINE
LINE予約 24時間WEB予約 事前WEB問診
pagetop