胃痛の原因と治療法

胃痛でお困りの方へ

胃痛の原因は胃潰瘍や逆流性食道炎などが原因で起こる場合もありますが、中には胃がんなど重篤な病気が隠れていることもあります。胃痛を甘くみていると大きな病気を見逃してしまい、治療の機会を逃すこともあります。胃痛だからと病院へ行くのをためらっている方は当院で一度検査を受けてみませんか。慢性的な胃痛でお悩みの方も、症状を詳しくお伺いしたうえで適切な治療により症状の改善を図ります。

胃痛の原因とは

胃痛の主な原因は、ストレスなどによる自律神経の乱れ、食べ過ぎや飲みすぎや薬の副作用によるもの、ピロリ菌感染、胃や十二指腸の知覚過敏などがあります。胃内視鏡検査でこれらの原因が特定されず、胃潰瘍や胃がんなどの病変も見つからない場合には機能性ディスペプシアという病気が疑われます。胃の症状は、すい臓や他の臓器の異常からくる場合もあり全身の症状を診て胃痛の原因を特定してきます。

検査方法

胃痛の検査方法としてエコー検査や胃内視鏡検査があります。問診で症状をお伺いしながら必要な検査を行っていきます。胃痛は胃がんをはじめ様々な病気によっておこるので症状をお伺いしただけでは病気の診断は難しくエコー検査や内視鏡検査で確定診断を行います。

胃痛の治療について

胃痛は原因を特定し、その原因に合わせて適切な治療を行っていきます。
胃潰瘍の場合には薬物療法によって胃痛症状の改善を図ります。多くはお薬の内服で治療できますがピロリ菌感染による胃痛の場合は、ピロリ菌の除菌治療が必要です。
ピロリ菌の除菌治療は2回まで保険が適用されます。

胃痛の予防について

胃痛の再発を防ぐためには生活習慣の改善を行うことが大切です。できる限り胃への負担を軽くするように心がけましょう。

暴飲暴食を避け刺激物の摂取を控えましょう

暴飲暴食は胃への負担が多く、胃痛の原因や再発の恐れがあります。また、カフェインやアルコール、香辛料などは胃への刺激が強いため、治療している間は控えましょう。たんぱく質をたくさん摂取して胃の粘膜を保護することが大切です。

ストレスをため込まない

ストレスで胃酸過多になると胃痛の原因になります。お酒の飲みすぎや香辛料を使った食事を控えるなどをして一日三食規則正しい食生活で、胃痛の予防を行いましょう。

機能性ディスペプシアとは

  • 食事の最中にすぐに満腹になってしまう
  • 食事量は変わらないのに残してしまう
  • 食後に胃に食べ物が残り続けるような感じがする
  • みぞおちが痛い、熱感がある
  • 腹部が張っている感じがする
  • 胃がむかむかする

このような症状は、機能性ディスペプシア東医病気かもしれません。機能性ディスペプシアとは、胃に炎症や潰瘍などの病変が特にないのに胃痛や吐き気、胸痛などの症状が現れる病気です。近年増加傾向にある消化管の疾患です。

機能性ディスペプシアの原因

複数の原因が複雑に合わさって機能性ディスペプシアを発症するといわれています。

ストレスや緊張

ストレスや緊張で胃の機能が低下したり過敏に動くことで機能性ディスペプシアを発症することがあります。

ピロリ菌の感染

ヘリコバクターピロリ菌に感染したことによって、機能性ディスペプシアを発症することがあります。

胃の知覚過敏

胃の中で知覚過敏の状態が起こると、少しの量の食事でも満腹になり胃痛が起こります。

胃酸分泌が過剰

胃酸の分泌が過剰になると胃痛や胃もたれなどの症状が起こります。

胃の運動異常

胃の動きに異常が生じると、機能性ディスペプシアを発症することがあります。

タバコやお酒、その他食習慣

喫煙や飲酒、カフェインをよく飲む方、脂っこい食事や肉中心の食生活が原因となって、機能性ディスペプシアを発症することがあります。

機能性ディスペプシアの診断

定期的な検査が早期発見の鍵機能性ディスペプシアは、胃痛などの症状があるにもかかわらず胃に炎症や潰瘍などの病変がないことが特徴です。
診断には胃の粘膜を直接観察して病変がないかどうかを確認し、診断を行います。
当院では、日本内視鏡学会専門医の資格を持つ医師による安全な胃内視鏡検査を行っています。

 

機能性ディスペプシアの治療

機能性ディスペプシアの治療は薬物療法と生活習慣の改善が中心となります。ピロリ菌に感染している方は、合わせてピロリ菌の除菌治療を行う必要があります。

薬物療法

PPIプロトポンプ阻害薬やH2ブロッカーなど胃酸分泌を抑えるお薬を処方します。また、消化管障害をおもちの方には、消化管運動改善薬を処方いたします。

生活習慣改善

十分な睡眠、脂っこい食事を控える、ストレス発散、適度な運動を行うなど、ライフスタイルに合わせて続けやすい生活習慣改善のアドバイスを行っています。薬物療法と合わせて行うことで病気の再発を予防する効果が期待できます。

TEL:044-877-0608
一番上に戻る
大腸内視鏡検査で大腸がん予防
医院blog 梶ヶ谷Jビル 口コミを見る 口コミを書く