痔ろう

痔ろう(穴痔)

肛門周囲に直腸からばい菌が侵入して炎症が起きると膿を出すオデキができて、そこから侵食をしていき直腸と皮膚をつなぐトンネル(瘻管)ができます。高齢の男性の方に多くみられる疾患です。初期には肛門周辺の痛みと熱感があるのが特徴です。痔ろうはトンネル状の瘻管から膿がでてきて、放置したままだとトンネルが枝分かれしていきます。まれにがんを発症する恐れもあるので、症状に気が付いたらすぐに医療機関を受診しましょう。

痔ろうの進行と症状

初期

下痢を繰り返すことで直腸のくぼみに便がたまり炎症や膿が起こります。くぼみに便が入り込み、細菌感染するとそこから侵食していきます。くぼみの奥に膿の袋ができます。

中期

初期にできた膿の袋が外向きに破れて、膿が出ます。体調不良の時には便の大腸菌などに感染して化膿しやすくなります。

末期

排便するたびにくぼみに便が入り込んで細菌による炎症を繰り返します。がんを発症する可能性もあり、必要に応じて手術により肛門をとる場合があります。

痔ろうの原因

歯状線にある肛門陰窩(こうもんいんか)とよばれる小さなくぼみは通常は便が入り込んでくることはありません。下痢をしていると水溶性の便が小さなくぼみに入り込みやすくなり、そこから細菌感染して肛門周囲膿瘍と呼ばれる膿の袋状の塊ができます。肛門周囲膿瘍から細菌が外へと排出される瘻管ができることで痔ろうとなります。慢性的な下痢が続く方は痔ろうの発症リスクが高まります。

痔ろうの治療法

痔ろうは他の痔の治療と異なり、生活主幹改善や保存的治療では効果が得られず、手術による治療を行うほかありません。当院では、シートン法による痔ろうの手術を行っています。痔ろうは単純痔ろうと複雑痔ろうによって手術の難易度や費用が異なります。当院では単純痔ろうの手術のみに対応しています。複雑痔ろうの方は、手術に対応している医療機関をご紹介いたします。

シートン法

トンネル状の瘻管に薬を含ませたゴム紐を通して、少しずつ縛っていきながら瘻管をふさいでいきます。従来のくりぬき法よりも肛門機能を温存できて安全な手術法です。

肛門科の手術について

当院の肛門科は大腸肛門のプロである大腸肛門病学会認定専門医の中でも肛門専門のカテゴリーの資格を持ったDr健が診察に当たります。

手術が必要になった際には総合高津中央病院または東京慈恵会医科大学付属第三病院にて施行させて頂きます。

>>総合高津中央病院
>>東京慈恵会医科大学付属第三病院

TEL:044-877-0608胃・大腸カメラよくある質問 事前WEB問診
一番上に戻る
大腸内視鏡検査で大腸がん予防
医院blog 梶ヶ谷Jビル 口コミを見る 口コミを書く