虚血性腸炎の原因と治療法

虚血性腸炎とは

大腸の血管が一部つまってしまい大腸壁に炎症や潰瘍が現れる病気です。大腸の左下あたりの下行結腸を中心に血流が低下して腹痛や下痢、血便の症状を引き起こします。

虚血性腸炎の症状

腹痛、下痢、血便などの症状があらわれます。まれに腸閉塞による嘔吐や膨満感、腸管壊死などがおこる場合があります。症状に気づいたらすぐに医療機関を受診しましょう。

虚血性腸炎と症状が似ている病気

虚血性腸炎の代表的な症状は腹痛や下痢、血便です。これらの症状は虚血性腸炎の他にもたくさんあり、似た症状のものが多いため、確定診断には大腸内視鏡検査で直接病変を観察していく必要があります。

大腸がん

虚血性腸炎と似ている症状として、腹痛や下痢、血便があります。症状だけでこの二つの病気を見分けることは難しいため、確定診断には問診と合わせて大腸内視鏡検査をおこないます。

クローン病

口から肛門までの消化管のあらゆる場所で炎症や潰瘍が起こる疾患で、特に大腸に炎症や潰瘍がおこりやすく、腹痛や下痢、血便など似ている症状の為、虚血性腸炎との見極めが必要です。クローン病は特異な粘膜病変があることから、確定診断の際に大腸内視鏡検査が有効です。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に慢性的な炎症やびらん、潰瘍が現れる病気で、腹痛や下痢、血便など虚血性腸炎と似ている症状が現れます。潰瘍性大腸炎は症状が長期化して症状が現れたりおさまったりを繰り返していくのが特徴です。

大腸憩室炎

大腸の壁にくぼみ(憩室)ができてそこに便などが詰まることで炎症や感染を引き起こします。腹痛や下痢、血便の症状があるので、虚血性腸炎との見極めには大腸内視鏡検査が必要です。

虚血性腸炎の原因とは

虚血性腸炎の原因は様々です。一つは動脈硬化によって血流が低下していくと便秘になりやすくなるので、排便時に腸管内圧が上がって大腸の血管が詰まることで発症するといわれています。他には、食生活の欧米化に伴う脂っこい食事や偏った食事、ストレスや運動不足、生活習慣の乱れも虚血性腸炎発症の要因となります。

検査方法

問診で症状を詳しくお伺いしたうえで血液検査や腹部エコー検査、大腸内視鏡検査などの検査から必要な検査を用いて診断していきます。
虚血性腸炎の症状によっては、大腸内視鏡のスコープ挿入が難しい場合がありますが、まれに大腸がんなどの重篤な疾患によって症状が現れている場合があるため、なるべく大腸内視鏡検査を用いて診断を行います。

虚血性腸炎の確定診断

突然の腹痛が起こった後に排便すると普通の便が出て、その後真っ赤な鮮血便が出るという一連の症状が起こっている場合には虚血性腸炎の疑いがあります。虚血性腸炎が疑われる場合は大腸内視鏡検査で、区域性病変と呼ばれる虚血性腸炎の特徴的な病変があるかを直接観察していきます。大腸の特定の部分で粘膜の発赤やびらん、浮腫、潰瘍が現れていてその周辺の組織は正常なものを区域性病変と呼びます。この区域性病変がないかどうか大腸内視鏡検査で詳しく観察して確定診断を行います。

治療法

虚血性腸炎は数日のうちに症状が改善されるのでご自宅で安静に過ごしながら抗生物質の服用で治療を行います。
多くの場合は一過性の虚血性腸炎なので治療は短期間で終了します。
狭窄型と呼ばれる病変部が詰まって腸の働きを阻害している場合や、壊死型と呼ばれる腸の一部が壊死している場合には、手術を検討することがあります。

 

虚血性腸炎の確定診断

患者様によって治療期間は様々ですが、軽症の場合には消化のいいものを食べるようにして安静に過ごしていただくことで短期間のうちに治療は終了しますが、重症のケースでは手術や入院を必要とする場合があります。大腸内視鏡検査で病変を観察して適切な治療を受けましょう。当院では内視鏡専門医による苦しくない大腸内視鏡検査により病変の確定診断や適切な治療を行っています。

TEL:044-877-0608胃・大腸カメラよくある質問 事前WEB問診
一番上に戻る
大腸内視鏡検査で大腸がん予防
医院blog 梶ヶ谷Jビル 口コミを見る 口コミを書く