胃もたれの原因と治療法

胃もたれでお困りの方へ

食後に胃に内容物が長く残っているような胃の不快感を胃もたれといいます。消化に悪い食べ物による一過性の胃もたれや、ピロリ菌の感染やインフルエンザ、感染性腸炎などによる慢性的な胃もたれがあります。胃の不快感の他に胃のむかつきやゲップなどの症状が現れます。胃もたれ症状の原因を突き止めて適切な治療を行うことが大切です。

胃もたれの代表的な症状

  • 胃のもたれ
  • 胃のむかつき
  • 腹部の膨満感
  • ゲップがよく出る

これらの症状が長く続く場合には、一度当院にご相談ください。

胃もたれの原因とは

ピロリ菌

ピロリ菌に感染すると、胃の粘膜を傷つけることで胃もたれの症状が現れます。まずはピロリ菌に感染しているかどうか検査を行い、除菌治療を行うことが必要です。

胃の働きが低下

老化や運動不足が原因で胃に入った食べ物を十二指腸に届ける機能が低下することで、胃もたれの症状が現れます。

お酒やたばこ、刺激の強い食べ物

飲酒や食べすぎは消化に悪く、胃もたれの原因になります。また、唐辛子など胃の粘膜への刺激が強い食べ物は、胃もたれを起こしやすく注意が必要です。タバコも胃の働きが低下しやすいため胃もたれを起こしやすくなります。

自律神経の乱れ

ストレスや緊張などで自律神経が乱れると胃の働きが低下して、胃もたれを起こしやすくなります。

胃もたれの診察・検査

胃もたれの症状が続く方へ、症状をしっかりお伺いしたうえで必要に応じて血液検査や尿検査、胃内視鏡検査などをおこない胃もたれの原因を突き止めていきます。胃もたれ症状を起こす原因は様々です。検査で、胃がんなどの重篤な疾患が隠れていないか確認し、適切な治療を行っていきます。

胃内視鏡検査を用いた胃もたれの検査

定期的な検査が早期発見の鍵既往歴や服薬中のお薬、食べ物などを問診でしっかりお伺いしたうえで、必要な検査を行います。
胃炎、胃潰瘍をはじめピロリ菌の感染などは、胃の粘膜を直接観察できる胃内視鏡検査であればすぐに確定診断することが可能です。
当院では、日本内視鏡学会専門医の資格を持つ医師が安全で精度の高い胃内視鏡検査を行っています。

 

胃もたれの治療

生活習慣の改善

暴飲暴食や脂っこい食事、甘い物や辛い物をよく食べるなどの食生活を改善していくことで胃もたれ症状は改善されます。胃から十二指腸への排出機能の働きを回復するには適度な運動が効果的です。日常生活の中で体を壊さない程度に、できる範囲で運動やスポーツを取り入れるようにするといいでしょう。

ピロリ菌の除菌治療

ピロリ菌感染により胃もたれを起こしている場合は、すぐにピロリ菌の除菌治療を行いましょう。ピロリ菌は放置したままでいると胃炎や胃潰瘍の原因となるだけでなく、胃がんを発症するリスクが高まります。
治療を行うことで胃がん予防にもつながります。

TEL:044-877-0608胃・大腸カメラよくある質問 事前WEB問診
一番上に戻る
大腸内視鏡検査で大腸がん予防
医院blog 梶ヶ谷Jビル 口コミを見る 口コミを書く