いぼ痔

いぼ痔(痔核)

いぼ痔(痔核)とは、肛門周辺の血流が滞って血管がつまってこぶ状の腫れが起こる病気です。形状がイボに似ていることからいぼ痔と呼ばれ直腸と肛門の間にある歯状線を境に内側にできるものを内痔核、外側にできるものを外痔核といいます。
いぼ痔は強くいきんだりすることで血管がうっ血して発症しやすくなり、排便時に血がポタポタたれたり勢いよく出血することがあります。
内痔核と外痔核で症状や治療法が異なります。

内痔核

内痔核内痔核は歯状線より内側の知覚神経の粘膜にできるので痛みを感じにくく、初期には自覚症状があまりありません。イボが大きくなるにつれて、排便時に便がイボに擦れて出血を伴うことで気付く場合が多いです。イボが大きくなっていくと、排便時に肛門から飛び出す脱肛が起こる場合があります。症状が進行していくと、排便に関係なく脱肛したり、粘膜や便がしみだして肛門周辺の皮膚が炎症を起こす場合があります。便器が真っ赤に染まるほど出血します。悪化すると脱肛した後のいぼ痔が元に戻らなくなってしまいます。出血などの異変に気づいたらすぐに検査をして適切な治療を行いましょう。

Ⅰ度 痛みがなく自覚症状が乏しい、出血あり
Ⅱ度 排便時に脱肛しても元に戻る
Ⅲ度 脱肛したイボは手で押し込まないと元に戻らない
Ⅳ度 脱肛したイボが手でおしても元に戻らない

内痔核の治療

内痔核の治療では、ほとんどの方が軟膏や座薬などの薬物療法と生活習慣の改善による保存的治療で改善します。重症な内痔核の症状がある場合には、手術が必要なケースがあります。内痔核の手術は内痔核を切除し縫い合わせる手術法が一般的です。

内痔核の手術法

結紮切除術

内痔核が大きくなって脱肛してしまうと、軟膏や座薬による保存的治療ではいぼ痔を治すことが難しくなっていきます。そこで、当院では飛び出したいぼ痔を切除して縫い合わせていく結紮切除術を行っています。結紮切除術は、内痔核の動脈を縛って痔核を切除します。以前は入院を必要としましたが、出血や切除に伴う痛みを最小限に抑えて手術を行うことで日帰り手術が可能となりました。痔核を完全に切除するため、根治性が高く再発の低い治療法です。手術後、数日間は痛みが起こる場合がありますが、座薬や飲み薬で痛みを緩和することができます。動脈硬化などの治療で血液をサラサラにする薬を服用されている方は、手術後10~21日前後の間に出血が起こる場合があります。

PPH法

痔核への血行を特殊な器具を使って遮断して、痔核を持ち上げて縫い合わせる治療法です。切除による痛みなどが無いので術後も痛みを極力減らすことができます。PPH法はイタリアで1993年に開発された比較的新しい手術法です。2008年から日本で保険医療となってから全国で治療が広まりました。従来の結紮切除術と違い皮膚や粘膜に傷をつけることがないので、術後の治りも早く痛みを最小限に抑えることができます。PPH法は内痔核の小さいサイズのものに適した治療法です。大きさや場所によって治療が適さない場合があるため診断や検査で適応できるか確認が必要です。

肛門科の手術に関して

当院の肛門科は大腸肛門のプロである大腸肛門病学会認定専門医の中でも肛門専門のカテゴリーの資格を持ったDr健が診察に当たります。

手術が必要になった際には総合高津中央病院または東京慈恵会医科大学付属第三病院にて施行させて頂きます。

>>総合高津中央病院
>>東京慈恵会医科大学付属第三病院

外痔核

外痔核外痔核は歯状線を境に外側にできるいぼ痔のことです。外痔核に血豆ができると激しい痛みを伴う場合があります。
肛門の外側にできるので、指で触るとすぐにわかります。
血栓性外痔核と呼ばれる血の塊が中にできる状態になると、激しい痛みや排便時に出血を伴います。

 

 

外痔核の治療法

保存的治療

内服薬と肛門に注入する座薬の2種類から適切なものを処方します。内服薬では外痔核が排便時に悪化しないように便を柔らかくしていく作用があるお薬を処方します。座薬は固形と軟膏からお選びいただけます。どちらも鎮痛薬、麻酔薬、炎症を抑えるステロイド系があり症状や外痔核の状態に合わせて適切なものを処方します。

手術療法

痛みや出血を最小限に抑えた結紮切除術による手術法を用います。

TEL:044-877-0608
一番上に戻る
大腸内視鏡検査で大腸がん予防
医院blog 梶ヶ谷Jビル 口コミを見る 口コミを書く