便潜血検査が陽性、内視鏡検査(精密検査)について

便潜血検査だけで安心していませんか?

大腸がんのスクリーニングとして有用な便潜血検査は、集団検診や地域の大腸がん検診などでも行われているけんさでメリットとして簡単に検査が受けられます。けれど便潜血検査は100%大腸がんを見つけることができる検査ではなく、陰性の結果でも大腸がんを見逃している場合があります。
また、陽性の結果であっても大腸がんの他に様々な疾患が疑われる為、陽性イコール大腸がんというわけではありません。陽性の結果が出た方は、どこから出血しているのか大腸内視鏡検査で精密検査を行いましょう。

便潜血検査と大腸内視鏡検査

定期的な検査が早期発見の鍵便潜血検査は簡易的に大腸がんのスクリーニングができる検査方法です。陰性の結果であっても採取した便の場所によっては血便を見逃していることがあるので決して精度の高い検査とは言えません。
大腸内視鏡検査では大腸の粘膜を直接観察できるため大腸がんをはじめ大腸疾患の発見に有用な検査です。
便潜血検査で陽性の結果が出た方は、大腸内視鏡検査で精密検査を行いましょう。

 

40歳から大腸がんのリスクが高まります

大腸がんは40歳を過ぎてから発症するリスクが高まるといわれています。年齢が上がるにつれて罹患率も高く、がんの部位別罹患率では男性も女性も大腸がんは上位3位以内に入ります。大腸がんは定期的に大腸内視鏡検査で病変がないか観察し、大腸ポリープなどの前がん病変を見つけたらその場で切除することで大腸がんの予防や治療に効果があります。40歳を過ぎたら、大腸がん予防のための大腸内視鏡検査を受ける事をお勧めします。

便潜血検査の『陰性』と『陽性』

便潜血検査『陰性』の場合

便潜血検査の結果、陰性であっても採取した便の場所によって血便が見逃されていることがあります。陰性であっても必ずしも大腸がんやそのほかの大腸疾患にかかっていないとは言い切れません。あくまで採取した便に血が混じっていなかったというだけなので早期の大腸がんや大腸ポリープが見逃されてしまうケースがあります。大腸ポリープや大腸がんを早期に発見するためには定期的な大腸内視鏡検査を受けましょう。

便潜血検査『陽性』の場合

便潜血検査の結果、陽性であっても大腸がんと確定されたわけではありません。あくまで検査で採取した便に血が混じっていたという結果がでただけで病気の特定まではできません。痔や大腸疾患の他に、胃や十二指腸からの出血による場合もあるので、血便の原因を特定するには医療機関で精密検査を受けましょう。大腸内視鏡検査では大腸の粘膜を直接観察することができるので大腸ポリープや炎症、潰瘍、大腸がんなどの病変を見逃すことなく診断することが可能です。便潜血検査で陽性の結果が出た方は、なるべくお早めに大腸内視鏡検査で精密検査を受ける事をお勧めします。

よくあるご質問

Q 便潜血検査だけで大腸がんは見つけられますか?

A 便潜血検査は大腸がんのスクリーニングとして有用な検査ですが、大腸がんを100%発見できるわけではありません。あくまで便に血が混じっているかどうかを検査するもので、大腸がんをはじめとする大腸疾患の確定診断には大腸内視鏡検査などの精密検査を受ける必要があります。

Q 便潜血検査で陰性の場合は、大腸がんの心配はないですか?

A 便潜血検査の結果、陰性であっても大腸がんを見逃している可能性があります。大腸がんの早期発見には定期的な大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。

Q 便潜血検査で陽性が出たら必ず大腸内視鏡検査を受けないとだめですか?

A 便潜血検査で陽性であっても大腸がんや大腸ポリープ以外に痔などの肛門疾患からくる出血による血便が考えられますので必ず大腸内視鏡検査を受けなくてはいけないわけではありません。

Q 大腸内視鏡検査を受けるメリットを教えてください。

A 早期の大腸がんや大腸ポリープを発見すれば治療により根治が見込めます。早期発見には大腸粘膜を直接観察できる大腸内視鏡検査が欠かせません。大腸がん予防には定期的な大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。

TEL:044-877-0608胃・大腸カメラよくある質問 事前WEB問診
一番上に戻る
大腸内視鏡検査で大腸がん予防
医院blog 梶ヶ谷Jビル 口コミを見る 口コミを書く