新着情報

2020.03.11

2020/3/16より、一時的にインフルエンザ検査を中止します。また受診の際はマスクをつけていただかないと診察することができません。▷詳しくはこちら

《重要なおしらせ》

厚生省ならびに医師会の指導により、検体採取(例えば鼻の奥に綿棒をいれて検査する)には、感染防御を徹底する必要があります。
しかし当院では、アイシールドや感染防御着が品不足により購入できず、アルコール消毒液やマスクも残りわずかで、入荷が見込めない状況です。

①まずこの環境では、インフルエンザの検査を行うことができません。従って、一時的にインフルエンザの検査を中止致します。ただし、インフルエンザが状況や症状や診察にて疑わしい場合は、検査をせずにインフルエンザ薬を処方する場合もあります。診察をしないわけではありません。防護に必要な装備が手に入れば、インフルエンザ検査は再開致します。

 

②また、風邪症状(咳がなくても)や発熱(37.0℃以上)があっても、無症状でも、全員マスクをつけていただかないと診察ができません。ご自身でマスクを用意してから受診してください。どうしてもマスクが手に入らない場合は、タオルを口元にずっと当てることで代用しても構いません。

感染防御の観点から、地域の皆さまの安全と、スタッフの安全のためにも、どうか皆さまのご理解とご協力をおねがい致します。

事前WEB問診TEL:044-877-0608胃・大腸カメラよくある質問
内視鏡検査 24時間WEB予約
一番上に戻る
大腸内視鏡検査で大腸がん予防
日曜日の小児科専門外来小児科専門医による優しい診療
肛門・お尻のお悩み解決NAVI日本大腸肛門病学会専門医による肛門診療
医院blog 梶ヶ谷Jビル