外科

外科について

外科について当クリニックでは、一般外科診療を行っており、日常的に起こる擦り傷や切り傷などの外傷ややけどの処置、手術後の創部ケア、粉瘤といった皮下腫瘤切除などの小手術にも対応しており、丁寧で痛みなどの苦痛をできるだけ抑える治療を行っています。なお、高度設備機器が必要な際には、信頼できる医療機関を速やかにご紹介しています。

粉瘤

粉瘤粉瘤(ふんりゅう・アテローマ)は、皮膚と同じ構造の袋が皮膚の中にできてしまった状態で、細菌感染を起こした場合や、放置してサイズが大きくなるときれいに治すのが困難になります。悪性ではありませんが、早めに治療を受けることをおすすめしています。

症状

症状小さな袋の中に垢がたまり、触れるとしこりにように感じられます。徐々に大きくなっていくことが多く、細菌感染した炎症性粉瘤では、袋が癒着を起こす場合もあります。また、炎症が起こると赤みや腫れが起こり、痛みや膿がたまって一気に何倍にも大きくなることがあります。炎症が起こらなければ触れた時の異物感だけですが、サイズが大きくなるときれいに処置しても跡が残ってしまう可能性が高くなります。
粉瘤ができやすい場所には、顔、頭、背中、お尻がありますが、他の部分にできることもあります。
自分で潰してしまうと細菌感染が起こりやすいので、気になっても触れずにご来院ください。

原因

外傷やピアスの穴により粉瘤ができることが比較的多く、ヒトパピローマウイルス感染などによってできる場合もあります。また、粉瘤ができやすい体質もあります。

検査と治療

問診や視診で粉瘤だと判断できます。薬物療法がなく、切除による小手術での治療だけが有効です。
できるだけ傷跡を目立たせない治療のために、当院ではくり抜き法を使って傷跡を最小限に抑えています。
ひどい炎症を起こしている場合には、膿を出して抗生物質を処方し、状態が良くなってから後日切開して袋を摘出します。
繰り返しできた粉瘤や、癒着などによりくり抜き法が使えない場合もあります。
粉瘤治療では、取り残さないことが重要ですから、そうした際には通常の切開を行う必要がありますが、この場合にもできるだけきれいに治るよう十分配慮し、丁寧に切除と方法を行っています。

粉瘤の手術費用について

粉瘤と脂肪腫の治療には、健康保険が適用されます。
粉瘤・脂肪腫の大きさ・手術方法・治療箇所によって治療費は異なってきますが、3割負担で約4,000円~10,000円が目安になります。

TEL:044-877-0608
一番上に戻る
医院blog 梶ヶ谷Jビル 口コミを見る 口コミを書く