アニサキス症

胃アニスキス症とは

胃アニスキス症最近、「アニサキス」という言葉をニュースなどでよく目にするようになってきました。新鮮なお刺身などを食べた数時間後に、いきなり激しい腹痛や吐き気が起こるアニサキス症は、海洋生物に寄生している寄生虫によって起こります。

アニサキスの成虫はクジラやイルカの胃の中に住んでいますが、幼虫はイカやサバ・アジなどの内臓や筋肉内に寄生しています。気付かずにイカやサバなどのお刺身に潜むアニサキスの幼虫を食べてしまうと、胃の中でアニサキスが粘膜に食いついて激しい腹痛などを起こすアニサキス症となります。

アニサキス症が起こる原因

アニサキスは60℃で1分以上の加熱で死滅しますし、-20℃で24時間以上の冷凍を行っても死滅します。新鮮な魚介類を食べることがアニサキス症を起こす原因になります。そのため、新鮮なイカやサバ・アジを生で食べて数時間後に胃痛が起こったら、アニサキス症の可能性があります。

アニサキス症の特徴である激しい痛みは、胃壁にアニサキスが食いついたことよりも、アレルギー反応を起こして周囲の粘膜が腫れあがることによって起こっていることがほとんどです。

症状

  • 激しい胃痛、腹痛
  • アレルギー反応による蕁麻疹
  • 吐き気、嘔吐

検査・診断

アニサキス症と同じように激しい痛みを胃に起こす「急性膵炎(すいえん)」や「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」の可能性も考えた上で、慎重に診察を行います。

問診では生の魚介類摂取状況や痛みについてくわしく伺い、必要な検査を行って診断します。

胃カメラによる治療

エコーでアニサキス症の疑いがある場合、胃カメラを挿入して、実際にアニサキスを目視しながら取り除いて治療します。アニサキスはアレルギー源になっていて強い痛みを起こしていますので、除去によりアエレルギー反応は速やかに解消していき、痛みがひいていきます。

その他の治療

胃カメラによる治療がすぐには行えないケースでは、胃薬や痛み止めのほか、アレルギー反応を抑えるステロイドや抗ヒスタミン薬を投与して様子を見る場合もあります。

TEL:044-877-0608
一番上に戻る
医院blog 梶ヶ谷Jビル 口コミを見る 口コミを書く